トイレ水漏れトラブルは業者に頼んで解決しよう【水漏れハウツー本】

住宅

自分でやろうとしない

担当者

トイレの排水詰まりはトラブルの原因がそれぞれ違うので、安易に自分で何とかしようとしないことが大切です。何かが詰まっているだけで、それを取り除けば良いという場合は簡単ですが、中には下水そのものがつまりかけているというケースもあったりします。そういった場合個人で何とかすることも出来なくはありませんが、結構費用がかかるので、お金をかけるのであればきちんとしたプロにお願いし、適格に処理してもらうに限ります。場合によっては例えプロだと言っても呼んでこの惨状を見られるのはいやだな…と思うこともあるでしょうが、どうしようもないトラブルの時は不可抗力だと思って潔く諦めるが吉です。ちょっと我慢して頼んでしまえば、トイレはいつも通りの姿を取り戻すはずです。呼びづらくても、その日はたまたま運が悪かったと諦めをつけることも人生には必要です。とは言え、いきなり詰まった場合は呼ばなくても時間が解決することも。次のページではそのことについてお話したいと思います。

トイレが排水つまりを起こしてしまって、プロに頼んで何とかしてもらうしかないけれど、もしもその原因に思い当たる節があり、そしてその原因が完全にトイレットペーパーを流しすぎたことによる紙詰まりの場合は、少し様子を見てみても良いでしょう。というのも、紙を詰めすぎただけの場合は、時間を置いて紙がふやけて行くと、普通に流れる様になったりします。これが水に溶けないティッシュだったり、トイレットペーパーの芯そのものだったりするとちょっと諦めた方が良いですが、トイレットペーパー100%ならちょっと時間にかけてみるのもアリです。やっぱり詰まっている状態を人に見られるというのは、中々精神的に辛いもの。出来ることなら自然に解決してほしいと誰もが願いますよね。ラバーカップなどを使う手もありますが、意外と邪魔ですしわざわざ買いに行くのも大変ですから、水が溶かしてくれるのをまずは待ってみましょう。ちなみに、それでもダメな場合はやっぱりダメで別のなにかが原因になっていたりしますから、諦めて専門業者を呼んでしまいましょう。